三次元おねーさん 3D Girls

DAZ StudioやPoserを使ってCGおねーさんの絵を増産するブログ。 たまに3dsMax ZBrush Modoも使うかも。
ライノセラスを買っちゃいました。

DAZ Studio

やっと出たG8F用Skin Builder

Skin Builder 8 がやっとリリースされました。
これ待っていた人多いのではないでしょうか。

af180817_01

G8F登場から1年も要してリリースされたSkin Builder 8
さぞかしすばらしい新機能が満載なんだろうとワクワクしてたのですが、ほとんどG3F用と変わっておりません。
フォーラムを見るとDAZ製アソコにTorsoのテクスチャを貼れるように互換のUVを作ったから時間が掛かったとかありますが、そんなの多分数時間で出来る様な・・・
G3Fとマテリアルの設定が違うとか、既存キャラのマテリアルとの互換もとったり、見えないところには手間が掛かっているみたいです。
持っているといろいろ便利なのでちょっと迷いながらもポチっておきました。

Skin Builder 8 がどんな物か分からない人は、以前G3F用の記事を書いていますのでそちらを見て下さい。
今回アンダーヘアがDAZ製アソコで使えるようなった以外は出来る事はほぼ一緒です。
 SKIN BUILDER 3の記事
 SKIN BUILDER 3 カスタマイズに挑戦



G3F衣装からG8Fへのコンバータ

G3F衣装をG8F衣装に変化するスクリプトが発売されたので試してみました。

af180816_01

何をいまさら、G3Fの衣装ならAutoFitで着られるでしょと思われる方はこちらをご覧下さい。
180816_01
この画像で何が起こったかすぐ分かってしまう人は、今まで散々AutoFitに悩まされていた人でしょう。
何が起こったか分からない人はお次の画像。
AutoFitで同じ衣装を着させた場合のものです。
180816_02
どうでしょう。足を開いたときのブルマの形状が大変残念な感じになっていると思います。
これはベンダーさんが一所懸命設定した絶妙なウェイトマップがAutoFitによって自動割り当てされた簡易なものに置き換わってしまったためです。

コンバータで変換した衣装はブルマが内股に引っ張られていないところを見ると、ウェイトマップがそのまま生きているのではないでしょうか。
この辺はまだ買ったばかりで深くは検証できてはいませんが。

だだ、このコンバータを使うと万事うまく行くという訳ではありません。
上着の場合、上腕がぴったりした服だと腕のお肉が飛び出します。
これはG3FとG8Fでゼロポーズのときの腕の角度が45度違っているため、G3F衣装の腕を45度ボーン変形させてG8F用に変換しているためです。
一見上手く行きそうですが、G8FのゼロポーズのメッシュはG3Fが上腕45度回転によって起こるボーン変形+JCMによる変形がベースになっているため、G3F衣装の腕を45度ボーン変形させただけではJCMによる変形分だけ誤差が出てしまいます。
足の方も同様にJCM絡みの誤差が出ますが、腕よりも角度の違いが少ないため不具合が出にくいかと思います。
もし、お肉が飛び出したらメッシュスムーズやプッシュモディファイアで対応ですね。

それと、とっても気になるハイヒール問題ですが・・・
こちらは非対応ってことらしいです。
後述するパッチを当てると何やら足に関する設定項目が増えるので、将来的にはどうにかなるのかという淡い期待を抱いております。

変換された衣装はSmartContentに自動で登録されるということで期待していたのですが、LOCAL USERフォルダにまとめて放り込まれるだけでちょっと残念でした。
まぁ、無いよりはマシですが^^
180816_03

最後にこのコンバータを使うに当たって多くの人が悩むであろうポイントを。
安全性確保のために変換出来ないアイテムに対して誤って適用しないためにフィルタが掛けられています。
そのフィルタの影響で多くの衣装が変換前に弾かれてしまいます・・・
大御所さんの販売されている衣装も高確率で拒否されます。
コンテンツタイプがFollower/Wardrobeでないとダメなようです。
これを回避するにはフォーラムに上がっているパッチを当ててフィルタを無効にする設定をする必要が有ります。
これは暫定的な処置であって、インストールマネージャからのアップデートは出来ません。
下記から自分でダウンロードしてスクリプトを上書きする必要が有ります。
わたしは念のため古いスクリプトはバックアップしておきました。
板 Daz PA Commercial Products
スレ [Released] Clothing Converter from Genesis 3 Female to Genesis 8 Female

D|S 4.11 BATAでデノイズ

DAZ StudioのBATA版にデノイザーが付いたので試してみました。
すでにV-Rayに実装されているNvidia製のAIを活用したデノイザーのようです。

デフォルトではデノイザーは無効になっているので有効にする必要が有ります。
180815_02
Render SettingタブのFiltteringからPostDenoiserAvailableをOn。
新たに表示されるPostDenoiserEnableもOnにします。
PostDenoiserStartIterationはデノイズ処理するタイミングを設定するものの様ですが、いまひとつ挙動が謎だったのでデフォルト値にしています。
AvailableとEnableを2段階踏んでOnにする意味も実は分かっていません^^;
まぁBATA版なので適当にいじって遊んでいる次第であります。
正式リリースされたらもう少し掘り下げてみようかなと思っています。

180815_01
デノイズした結果がこちら画像です。
ちょっとのっぺりしていますが綺麗にノイズが取れています。
D|Sは髪の毛のレンダリングが重いので、髪の毛専用の高速なシェーダーが欲しいですね。



af180815_01

af180210_04 af180413_01



和キャラ Botan

新しい和キャラBotanがリリースされたので買ってみました。
Daz Originalsなのでお財布にも優しいです。
180803_01
20代後半くらいに見える美形キャラですね。

今回は使えるスキンの種類が増えたら良いなぁと思いがあって買ってみました。
で、そのスキンの内容ですが、SSSのテクスチャは有りませんでした。
ディフューズのテクスチャを使い回しているみたいです。
torsoのテクスチャはアソコの毛を少しだけ剃り残した様になっているのですが、純正アソコ用のテクスチャは完全剃毛という、雑な仕事なのか1粒で2度美味しいのか良く分からない構成^^
眉毛無しに出来るのが嬉しいかな。
まぁ、これといってクセも無くお手軽に使えるスキンかなと思いました。



af180803_01 af180210_04


Yoko買いました

先日ウィッシュリストに入れておいたYokoですが、レンダロの25%OFFクーポンが出ていたので買ってみました。
正直30%以上は安くなってからが良かったのですが、いつその価格になるのか分からないので思い切って買った次第であります。
ついでに髪と衣装も買って、総額$60ほど。
ちょっと買いすぎました・・・
180616_01
Yokoさんですが、呼び出してみてその幼女っぷりにちょっと困惑。
うちはおねーさんが中心なので、Yokoさんはちょっと年齢低過ぎかも。
顔ばっかり見ててボディをよく見ないで買ってしまいました。
顔見れば察しがつくだろとも言えますが、Aikoくらいのを勝手に想像してました^^;
180616_02
いっしょに買ったエロコスを着せるのはちょっと無理な感じだったので、DAZで買ったままタンスにしまいっぱなしの水着でお茶を濁してみました^^
髪の方は前髪スタイル5種やテールの有る無しなどのモーフが入っていますが、ポーズを取ったときの修正モーフが少ないのでテール部のポーズ修正等はちょっと不便かなと思いました。
ただ、モーフが沢山有っても結局どれを使うのか選ぶのが大変だったりのするので、これは各自の好み次第かなとも思います。
個人的にはボーンで変形出来るのが一番良いのですが、オートフィットの絡みもあってなかなか難しそうですね。

最後に、いつもの報告は不要と思いますが一応お約束ということで^^
無毛。
いや無毛というか剃毛済みです。
訂正)普通に無毛でした。

追記)B地区は描かれていません。


af180616_01 af180616_02

af180616_03 af180616_04







ZBrush Core付ペンタブ

ZBrush Core初心者向け参考書

ZBrushのお供に



プロフィール

dejimu

最新コメント

Renderosity_banner


DAZ
DAZ Studio 4 - Create 3D Art for Free
DAZ studioを無料配布中です。
たくさんのDAZ studio・Poser用の素材を販売しています。

Renderosuty
Renderosity_banner
DAZよりもエッチ度の高い素材を取り扱ってます。































楽天市場
Amazonライブリンク