三次元おねーさん 3D Girls

DAZ StudioやPoserを使ってCGおねーさんの絵を増産するブログ。 たまに3dsMax ZBrush Modoも使うかも。
ライノセラスを買っちゃいました。

2017年11月

被写界深度プラグインを購入

以前から欲しかったAfter Effects用のプラグインLenscareのセールがあったので購入しました。
レンダリング済みの画像に被写界深度(DOF)を加えるものです。
DOFについては以前も記事にしたことがありますが、そのときLenscareはお金持ちが買うと言ってました。
ですが、お金持ちでもない自分が買ってしまうなんて^^

さっそく使ってみましたが、元画像にあまり奥行きがなかったので効果はいまひとつな画が出来ました。
171125_01
とりあえず基本的なやり方は覚えられたかな。

今回は深度マップを外部アプリを使わずにDazStudioで用意しました。
依然としてシェーダーなんて組めるようになっていないので深度マップをレンダリング出来るカメラプリセットを見つけたので購入しました。

af171125_01
フォグやボリューム、深度マップをレンダリングすることができるカメラプリセットです。



af171125_02 af170922_01



RenderosityでBlack Fridayセール

af171124

RenderosityでBlack Fridayセールが始まりました。
Marketplaceの商品が全て半額みたいです。
先日大量にエロコスチュームを購入したばかりなのに・・・
なんか毎年おんなじ過ちを繰り返してますね。

前回吟味した末に購入を先送りしていたアイテムを買っちゃいそうです。
それにしても、買ったけど着せてないコスチュームが沢山あります^^;

DAZ Studio 4.10

このところ忙しくて全然DAZ出来ませんでした。
それでもDAZ Studioがバージョンアップしたというのでいじり始めています。
バージョンアップの目玉はクロスシミュレーション(dForce)の実装ではないでしょうか。
ためしにdForce対応の衣装を一着買ってみました。

171103
シミュレーション自体はボタン一発で行われますが、やはりそのままの設定だと突き抜けなどが起きますね。
実は上の絵ですと左足の太ももが派手にはみ出しています。
シミュレーションにトライ&エラーは付きものですですね。。。
計算時間は少し長いかなぁとも思いました。
この衣装のモデリングはマーベラスデザイナーを使っているのではないかな。
マーベラスデザイナーのポリゴン割は独特のものがありますから。
現状ですとこの手の衣装はマーベラスデザイナーでシミュレーションまで行うのが一番良いと思いますが、DAZ Studioに計算結果をアニメーションとして持って来られないのでDAZ Studio自身でシミュレート出来るのは嬉しい限りです。
(以前は頂点モーションのMDDファイルを読み込んでモーフアニメーションに変換するスクリプトが配布されていたのですが、サイトが閉鎖されてしまったため今では入手出来るか分かりません。)



af171102_01


ZBrush Core付ペンタブ

ZBrush Core初心者向け参考書

ZBrushのお供に



プロフィール

dejimu

最新コメント

Renderosity_banner


DAZ
DAZ Studio 4 - Create 3D Art for Free
DAZ studioを無料配布中です。
たくさんのDAZ studio・Poser用の素材を販売しています。

Renderosuty
Renderosity_banner
DAZよりもエッチ度の高い素材を取り扱ってます。































楽天市場
Amazonライブリンク