三次元おねーさん 3D Girls

DAZ StudioやPoserを使ってCGおねーさんの絵を増産するブログ。 たまに3dsMax ZBrush Modoも使うかも。

2015年06月

DAZ studioのアプデ来てた

Irayで重いシーンをレンダリングすると途中でGPUレンダからCPUレンダに切り替わるときがある。
この時にグラフィックドライバーがエラーを吐いたり、レンダ終了後か99%か微妙なところでDAZ studioごと落ちる。
DAZのフォーラムみると小さなシーンに変えるかメモリいっぱいのグラボに換装してみ?みたいな事が書いてある。
まだちょこっと不安定なところがあるのかな?
とりあえずうちのバージョンが4.8.0.55だったので4.8.0.59にアップして様子を見てみます。

DAZ studioのIrayってほんとに良い出来ですよね。
最初の実装でここまでのものを載せてくるなんてDAZあっぱれ。
3ds MaxのIrayは数年前に実装されて、最初はかなり残念な子で最近少し良くなってきたって印象だけど、まだまだ制限多くてDAZ studioみたいには楽しめない。

Genesis2の時代も終わるのか・・・

150624_01
いやはや、もうVictoria7(Genesis3キャラ)ですか。
今ってGenesis2のキャラがバンバン出てきて盛り上がってる時期じゃないの?
サマーバーゲンであれこれ買って、ウィッシュリストもパンパンなのに・・・
気に入ったキャラが要Olympiaだったから、とりあえずOlympiaだっけ買っておいたのに・・・
いまさらGenesis2のキャラ買うのイヤだけど筋肉女(Olympia)だけあってもどうしろと。
ハゲ子のマテリアルもIrayに合うようにこれからいろいろ研究しようと思ってたけど、もういいやアイツ。


150624_02
ハゲ子「良い服着せろ!かわいい髪型用意しろっ!」
dejimu「え~、もういいよ。服は買ったやつがあるからちゃちゃっと着せて適当にレンダするよぉ。」
ハゲ子「テキトーってなんだよ!」


150624_03
dejimu「新製品ですよ。これあげるから許して。」    
ハゲ子「そんなもので誤魔化されるか!」


150624_04
ハゲ子「さんざんハゲハゲ言ってて、Iray用のHairマテリアルよこすのってどうよ?」
dejimu「あはっ」
ハゲ子「しかもこれ偽物だよな!?」
dejimu「!」
ハゲ子「まさか、おまえこれ使用済みじゃねーだろうな!」
dejimu「なんのことかさっぱり分かりません。」




OOT IrayPair Hair Shader for DAZ Studio Iray

やる気の無い水着をなんとかしたけど・・・

前回ひ引き続きやる気の無い水着をなんとかするコーナー。

とりあえずポージングさせてレンダ。
150623_01
あれ?思ってたほど悪くない。
これはこれでも良いような・・・
しかも、ポーズを付けるためにお手本の写真をネットで見て回ったら、このタイプの水着では寄せる効果はあまり無いことを知る。
もっと真ん中の紐が太いやつじゃないと寄せる力は無いようだ。
紐の部分もそれほど肉に食い込まないみたい・・・
もう少し生身のオネーサンの研究が必要だ。

ここで終了するのなんなので、とりあえずディスプレイスメントマップの勉強も兼ねてやってみよう。

GoZしてZBrushでスカルプト。
150623_02
水着の紐が胸板にぺったり付いていたので鎖骨から乳カップまで直線で結ぶように修正。
首に紐をちょと食い込ませました。

150623_03
こちらも紐の食い込み。
ベースメッシュから5段階サブディビLVを上げたけどまだガタガタ。
鎖骨のトポロジが複雑な並びになっているのであまり綺麗にならなかった。
乳カップのわきもスカルプトしてますが、微妙すぎて分からない。

150623_04
またまた食い込み。
腰紐も微調整、足の付け根周辺の魅惑の隙間(なんのこっちゃ?)も再現してみるも、このアングルでは識別不能。

予定通り水着はモーフで身体はディスプレイスメントマップ。
レッツ、レンダ!
150623_05
はい。微妙すぎて分かりませんよね・・・
良いんです。
おかげで今回いろいろ勉強にまりました。

以下、今回勉強になったこと
・DAZ studioからGoZするとZBrush側でマテリアル毎にポリグループ分けをしてくれない。
・Poser系のフィギュアはUVがラップしているのでディスプレイスメントマップを出力する際にマテリアル毎に出力する必要がある。
・上記2点を踏まえ、あらかじめ別のアプリにGoZしてポリグループ分けが出来ると楽かも。
 (UVの島が分かれているけどAuto Groups With UVでは無理だった)
・AoA Subsurfaceシェーダーにディスプレイスメントマップを貼った場合、上手くレベルをコントロール出来なかった。しばらくIrayしかやる気はないので今のところ保留。
・微妙な修正はレタッチの方が断然早い。

やる気の無い水着をなんとかしたい

水着を着させた場合にいつも思うことがあります。
この布やる気無いよなぁ~って。
150622
紐も布も体にぺったり貼り付いてるだけで、もっとこう一生懸命重いものを寄せて上げてますよぉって気合いが感じられない。
今回はGoZでZBrushに持って行ってこの辺のやる気の無さを修正したいと思っちゃいました。
修正したものをどの様なかたちでDAZ Studioに持ち帰るのかを検討してみました。
水着の部分はモーフマップとして持ち帰れば良さそうです。
身体の部分は紐が体に食い込んでいる状態を再現したいので、ベースメッシュのモーフでは解像度が足りません。
身体はディスプレイスメントマップで表現したほうが良さそうです。

この方針で進めれば幸せだったのですが、新たな方法を思いついてしまいました。
(この思いつきで後々後悔することになる)
最近DAZのモーフキャラにHDと付くものが多くないですか?
何やらベースメッシュからサブディビジョンレベルを3段階上げた状態のモーフで出来ている様です。
サブディビを3段階上げたものなら水着の食い込みも表現できそうです。
では、わたしもこのHDモーフを作ってみようと思った次第であります。

まずは簡単なモデルで実験をしてみましょう。
ツボを1つ用意しました。
このツボにはサブディビジョンが割り当てられていないので、「Edit」-「Object」-「Geometry」-「Convert to SubD」でサブディビジョンが出来るようになります。
これを3段階上げます。
150622_2
メッシュが細かくなりました。

これをGoZでZBrushへ
150622_3
細かいまま持って行きたいのでExport at current resolutionにチェックを入れます。

ZBrushでスカルプト!
150622_4
すてきな模様が入りました。
これをGoZでDAZ Studioに持って行けばHDモーフが生成されるはずです。

GoZ!!
150622_5
あれれ?
「あんた、トポロジ変えちゃったね?これじゃ現状のブツをアップデート出来ないじゃん、どうすんの?」
ってDAZ Studioが言ってます・・・
Create a new object(新しいブツを作ります)しか選べません・・・
なんで?

これからはもうweb上を彷徨いまくりな訳ですよ。
結局、日本語のサイトにはHDモーフの作成手順が載っている所を見つけられませんでした。
Dazのフォーラムを覗くと、どうやらHDモーフの作成ツールは一般に公開されていない様子。
Published Attist
にはこのツールが公開されているみたい。
投稿がちょっと古いので今はどうだか良く分からない。
最新のスレからさかのぼって調べていったけどスレの数が膨大なので途中で断念いたしました・・・

と、いうことで次回からディスプレイスメントマップを使った方式でやっていきたいと思います。



CGでも髪は女の命


前回はIray用のお肌マテリアルを使ってみましたが、今回はIray用の髪に挑戦したいと思います。
RenderosityよりOOT IrayPair Hair Shaders for DAZ Studioなるモノを購入してきました。
どうやらシェーダーをIray用のものに入れ替えてテクスチャも替えてしまうようです。
髪はみんな同じようなUVだからテクスチャ入れ替えちゃっても大丈夫でしょ?って事らしいです。
作者が言うには95%の髪は大丈夫って事になってます。

では、さっそくお試し。
150621_01
使用前の状態。
人も髪もDAZ Studioに最初から入っているあり合わせです。
テクスチャに直接テカりが描かれているので、光源に関係なくテカりが入ってます。
これはこれで髪だけ見る分には綺麗で良いのですが、絵全体で見た場合にテカりが不自然に感じます。
いかにもPoserと感じさせてしまう大きな要因の1つでしょうね。

続いてヘアーメンテナンス後は
150621_02
チュートリアルが附属していて、同じ手順をたどれば簡単でした。
どうでしょう?
落ち着いたテカり具合。
髪用のライトとか当てるとさらに良くなりそう。
モデリングは気に入ってるのにテクスチャがちょっとアレなんだよなぁ、なんてヅラを持ってるひとは是非お試しあれ。

えっ?
なんでおばさんが赤いリボンしてるのかって?
いやぁ、その辺は今回の記事の内容とあまり関係ないのでノーコメントで・・・
ZBrush Core付ペンタブ

ZBrush Core初心者向け参考書

ZBrushのお供に



livedoor プロフィール
最新コメント

Renderosity_banner


DAZ
DAZ Studio 4 - Create 3D Art for Free
DAZ studioを無料配布中です。
たくさんのDAZ studio・Poser用の素材を販売しています。

Renderosuty
Renderosity_banner
DAZよりもエッチ度の高い素材を取り扱ってます。





























楽天市場
Amazonライブリンク