三次元おねーさん 3D Girls

DAZ StudioやPoserを使ってCGおねーさんの絵を増産するブログ。 たまに3dsMax ZBrush Modoも使うかも。

G8Fの日本人キャラ初登場

G8Fにも日本人キャラKumikoさんが登場しました。
どことなく芦名星に似ている様な似てない様なそんなお顔立ち。
何故かキツネのメイク付・・・
af170723_01

肌テクスチャは、ちょっと強敵の予感がします。
やはりChiyoが鉄板かなぁ。
af170723_02

背中のシミとお尻のブツブツがちょっと気になる。
af170723_03

ん?キツネのメイクといえば、藤井一子のチェックポイントではないか!
買う気があまりなかったけどネタで買っておこうかな。
ネタで買うにはちょっと高い気はするけど。。。

あ、キツネじゃなくて、きつめだった・・・

SmartContent対応のアイテムをデータベースに追加

SmartContent対応のアイテムを手動インストールした場合でも、多分SmartContentには表示されないと思います。
おそらくインストールマネージャがデータベースへの登録までやってくれているのかなぁと妄想してます。
そんな困った場合の対処法。

1.SmartContentのタブを右クリックしてComtent DB Maintenanceを選択。
170718_01

2.Re-Import Metadataにチェックを入れてAccept。
170718_02

3.全てのチェックを外す。
 親のチェックを外せば子のチェックも外れます。
170718_03

4.全てのチェックを外した後に目的のアイテムを探してチェックを入れてAccept。
170718_04

5.これでめでたくSmartContentに表示される様になります。
170718_05

DAZ製品以外をSmart Contentに表示させる

DAZ以外から入手したアイテムをSmart Contentに表示させる手順の覚え書き

pixivでkouchanさんが配布されている「おパンツ for G8F」を例にやっていきます。

1.Content Libraryでopan2フォルダを探します。
170718_11

2.opan2フォルダを右クリックしてCreate a Product Fromを選択。
170718_12

3.プロダクト名を入力します。
 DAZ製品にならってOpan2 for Genesis 8 Female(s)としました。
170718_13

4.Content LibraryのProductsから作成されプロダクトフォルダを探します。
170718_14

5.プロダクトフォルダを右クリックしてEdit Metadataを選択します。
170718_15

6.メタデータの編集画面が出るので、Assetタブを選択します。
 まず始めにおパンツ本体の設定をします。
 opan2がおパンツの本体なのでこれを選択します。
 次にTypeの設定をします。
 D|Sが取り扱うアイテムの種類が決まります。
 Follower>Wardrobe>Underwear>Bottomとしました。
170718_16

7.次にカテゴリーの設定をします。
 Categoryタブが選択されているのを確認し、Files/Categoryの下に表示されているopan2を右クリックし、Add Root Categories to Selected File(s)を選択。
 Default/Wardrobe/Underwear/Bottomsとしました。
 ここの設定でSmart Contentに表示されるフォルダ分けが決められます。
170718_17

8.続いて互換性の設定をします。
 Compatibilityタブを選んで下画面のopan2を右クリック。
 Add Compatibilities to Selected File(s)を選択。
170718_18

9.おパンツはG8F用なのでGenesis 8以下のFemalesを選択してAccept。
170718_19

10.先ほどの設定でおパンツは”G8F用ですよ”という事をD|Sに分かる様にしました。
 今度は他のアイテムから”おパンツ用ですよ”という設定をしてもらう時のための設定をします。
 設定画面下段にNot Declaredとなっている箇所をクリックしてDeclared Asにします。
 同じ段の右端のDatabaseボタンが押せる様になります。
170718_20

11.Databaseボタンを押して、出てきた画面の右上にあるプロパティボタンを押してCreate New Root Compatibility Baseを選択。 
170718_21

12.Compatibility Baseの名前を設定します。
 opan2としました。
170718_22

13.Compatibility Baseにopan2が追加されました。
 これで他のアイテムからopan2を指定出来る様になります。
 今回この作業を行ったのは、おパンツにはマテリアルプリセットが用意されていたので、マテリアルプリセット側で「わたしはおパンツのマテリアル」ですという設定を行うためです。
170718_23

14.次にマテリアルプリセットの設定を行います。
 マテリアルプリセットは全て同じ設定で良いのでCtrlキーを押しながら全てのマテリアルプリセットを選択した状態でTypeの設定をします。
 Preset>Material>MDLとしました。
 iray用ならMDLで良いでしょう。
170718_24

15.次に下画面でCategoryの設定です。
 こちらも全てのマテリアルを選択して右クリック。
 以下の操作はおパンツ本体と一緒で、Add Root・・・を選択します
170718_25

16.CategoryはDefault/Materials/irayとしました。
170718_26

17.次にCompatibilityの設定です。
 下段のマテリアルが全て選択された状態で右クリック。
 Add Compatibilities・・・を選択。
170718_27

18.そして先ほど作成したCompatibility Baseのopan2を選択しAccept。
 ひとまずこれでMetadataの設定が出来たのでAcceptでContent DB Editorを閉じます。
170718_28

19.どうですか?
 ちょっと残念なアイコンですが、SmartContentに表示されたのではないでしょうか?
 これで終わりと言いたいのですが、もう一仕事必要です。
 この状態だとマテリアルプリセット側で「おパンツ用です」とせっかく設定したのに、D|Sは「おパンツ?誰?知らね」という状態なんです。
170718_29

20.それではおパンツが誰なのかD|Sに教え込ませます。
 おパンツをシーンに呼び出し、Sceneタブを右クリック。
 Edit - Scene Identificationを選択。
170718_30

21.シーンIDの設定画面が出ます。
 今回の場合はCompatibility Base以外はそのままで良さそうです。
170718_31

22.Compatibility Baseをopan2にして設定完了。
 これでD|Sがおパンツを識別することが出来ます。
170718_32

23.先ほどの設定はデータベースには覚えさせますが、メタデータには書き込まないみたいなので、メタデータも更新しておきます。
プロダクトフォルダを右クリックしてEdit Metadata。
Content DB Editorが開きます。
下段のScene IDsに先ほど設定したSceneIDが表示されています。
何もしないでAcceptするとMetadataを上書き更新して良いか聞いてくるのでOKで上書きします。
170718_33

24.おつかれさまでした。
 これで全ての設定は終わりです。
 あ、ちょっと待って。
 あのダサいアイコンは?
 という人はRuntime - Supportフォルダーに今回作成したサポートファイルが有ります。
 LOCAL_USER_Opan2_for_Genesis_8_Female(s)という名前のdsxとdsaです。
 これと同じ名前のJpgファイルを同じフォルダに入れてあげるとSmartContentに表示されるようになります。
170718_34

25.おまけ
 アイコンの画像を作るのがめんどくさい人はどうぞ^^
 こんなんで良ければですが・・・
LOCAL_USER_Opan2_for_Genesis_8_Female(s)

26.おまけ2
 先ほどのdsx、dsa、jpgを一緒に配布することで他のユーザーもこの面倒な作業を行わなくてよくなりますが、インストールマネージャを使わないと自動ではデータベースに登録されないみたいです。
 次回はこれを手動でデータベースに登録する方法をお届けいたします^^
ZBrush Core付ペンタブ

ZBrush Core初心者向け参考書

ZBrushのお供に



livedoor プロフィール
最新コメント

Renderosity_banner


DAZ
DAZ Studio 4 - Create 3D Art for Free
DAZ studioを無料配布中です。
たくさんのDAZ studio・Poser用の素材を販売しています。

Renderosuty
Renderosity_banner
DAZよりもエッチ度の高い素材を取り扱ってます。





























楽天市場
Amazonライブリンク