三次元おねーさん 3D Girls

DAZ StudioやPoserを使ってCGおねーさんの絵を増産するブログ。 たまに3dsMax ZBrush Modoも使うかも。

G8Fのおっぱいとお尻を自在に操る

もはや定番ともいえるZev0氏のおっぱいコントロールとお尻コントロール。
それのG8F版が早くも登場。
af170804_01

わたしはお尻よりおっぱいの方が好きなのでG3Fのおっぱいコントロールは買ってありましたが、今回はおっぱいとお尻のバンドル版を買っちゃいました^^;
いつも通り新作は30%オフですが、今週中であればさらに10%引きとなっていたのでつい。。。
多分これって前作を買った人へのご褒美なのかも。
チャージしたばかりのストアクレジットがみるみるうちに無くなっていきます・・・

なんか3 IN 1ってなていますが、好みの形状を作るモーフと、重力や動きに対する変形モーフと、Puppeteerを使ってグリグリ動かす機能で3 IN 1らしいです。


Puppeteerの使い方はすぐ忘れるのでちょっと覚え書きを。
まず、Window - Panels - PuppeteerでPuppeteerパネルを出します。
次にBreast Control Puppeteer G8Fをダブルクリック。
PuppeteerパネルでPreviewを選択してPuppeteerパネル上をドラッグすればおっぱいがグリグリ動きます^^
170804

ツールが充実してくるのは嬉しいのですが、Chiyoみたいな鉄板和風キャラを早く出して下さい。
お願いします。




af170804_02 af170804_03

DSON Editorを買ってみた

DSON Editorを買ってみました。
結構お高いので迷いましたが我慢できずに^^;

DSON EditorはD|Sのコンテンツやシーンファイルを編集するエディタです。
DUFやDSFの編集に特化したエディタですね。

編集画面はこんな感じ。
170802_01

D|Sでアセット保存するときとかちょっと設定を間違えちゃうともう一度やり直しになっちゃいますが、これがあれば後から間違ったところだけ直せるので便利です。
フリーソフトで折りたたみ表示できる汎用エディタも試してみたのですが、断然こちらの方が見やすいです(専用エディタなので当然ですが)。
これでファイルを眺めているとD|Sの仕組みもなんだか分かってくるような気もします^^
配布物を作るときに大活躍間違い無しです。
直近で配布する様なブツは有りませんが^^;

ツヤツヤな肌

肌をツヤツヤにする方法の質問を頂きました。
でもわたし、人に教えられるほどのレンダリングテクニックは有りません!
これを前提に今回の記事をお楽しみ下さい^^;

まず、へたくそのやり方なんて興味無しってかたは、凄い人が作った市販のシェーダでこんなのが有りますのでそちらをご使用下さい。

af161217_03
So Wet! Bundle for Genesis 3
肌のてかり、日焼けあと、水滴の3つがセットになってお買い得になったものです。
わたしも買いました。
でも、使いこなせてません・・・
てかりだけ欲しかったらWet and Tanned Skins for Genesis 3だけの単品もあります。

af170724_01
Wet Body Iray Bundle for Genesis 3 & 2 Female(s)
こちらも同様の商品だと思います。
持っていないので詳しくは分かりませんが、肌が黒くなりすぎるという声をうかがってます。

どちらもボタン1つポンでは思った様には行かないようですね。
それぞれの商品の原理を理解できていないと狙った質感は出ないのではないかなと思います。

で、手持ちのSo Wet! Bundle for Genesis 3を研究してみようかなと思ったのですが、とりあえず既存のマテリアル調整でツヤツヤに出来ないかと、ちょっといじってみました。
こんな感じです。
170724_01
目指したツヤツヤはサンオイルを塗った感じです。
スタジオライティング風のシンプルなHDRIのみのライティングなのでちょっとのっぺりしてますが、背景素材を置いてライトを当てればもっと良くなるんではないでしょうか?
なんかこれで良い様な感じがしてきた^^;

こんなHDRI素材です。
170724_02
注:これはJPGなんで環境マップには使えませんよ^^;

マテリアルの設定はこんな感じ。
シェーダーはIray Uberです。
G3用のキャラはほぼIray Uberなのではないでしょうか。
Iray UberのTop Coat関連のみいじってます。
サーフェスを選ぶときにSkinを選択するとArms・Ears・Face・Legs・Torsoを同時に選択して編集出来るので便利です。
1.Top Coat Weightにマップが貼ってあったら外します。
 まんべんなくてからせるために外しました。
 汗ばんだ表現なら外さない方がザラザラ感が出て良いと思います。
2.Top Coat Colorの設定をします。
 Mapが貼ってあったら外します。
 今回は100%ホワイトにしました。
3.Top Coat Leyering ModeをFresnelにします。
 この設定にすることでTop Coat IORの数値が生きてきます。
4.あとは下記の項目の調整
 Top Coat Weight(トップコートの影響する度合い)
  てかりをどの程度乗せるかの設定
 
 Top Coat Roughness(トップコートの粗さ)
  数値が低い方が鋭いてかり
  高いとぼやっと広がったてかり

 Top Coat IOR(屈折指数)
  数値が大きい方が広範囲がてかる感じ
  1.3~2.0位でしょうか。
  あまり大きな数値だと金属っぽくなっちゃいます。

いじったのはこれだけです。
汗ばんだ表現をしたい場合はTop Coat Weightにノイジーな画像を貼り、ローションでヌルヌルにしたい場合はTop Coat Bumpにバンプマップを貼って立体感を付け加えれば良いと思います。
滴る汗を表現したかったら上で紹介した市販品を使うのが手っ取り早いですね。

頂いた質問をあとでもう一度見たらAiko7でと書かれているのを忘れていました・・・
でもAiko7のシェーダーもIrayUberなのでやり方は同じです。
こんな感じになりました。
170724_03
ZBrush Core付ペンタブ

ZBrush Core初心者向け参考書

ZBrushのお供に



livedoor プロフィール
最新コメント

Renderosity_banner


DAZ
DAZ Studio 4 - Create 3D Art for Free
DAZ studioを無料配布中です。
たくさんのDAZ studio・Poser用の素材を販売しています。

Renderosuty
Renderosity_banner
DAZよりもエッチ度の高い素材を取り扱ってます。





























楽天市場
Amazonライブリンク