三次元おねーさん 3DCG Girls

DAZ StudioやPoserを使ってCGおねーさんの絵を増産するブログ。 たまに3dsMax ZBrush Modoも使うかも。
ライノセラスを買っちゃいました。

Genesis 8.1 Female 登場

G8Fの新バージョン、G8.1Fが登場しました。
210123_01
G9ではなくG8.1。
多くのG8アイテムと互換が有るので、あぁまた服を買い直しかぁって事にはなりません。

G8.1F本体はG8Fと同じメッシュ構造なのでG8Fのアイテムをそのまま装着出来ます。
頭部と眼球のUVが変更されていますが、G8.1FはG8FのUVも持っているのでG8Fのテクスチャが使えます。
フェイスリグが変わっているので表情モーフ等のアイテムは完全互換では無いようです。
210123_02
フェイスリグは少し前に発売されたGenesis 3 & 8 Face Controlsというツールに似ています。
もしかして開発者同じ?
Genesis 3 & 8 Face Controlsはお世辞にも使いやすいツールとは言えませんでしたが、G8.1Fのフェイスリグは非常に使いやすくなっています。

元々別パーツだったマツゲと涙はメッシュ構造から改修が図られています。

で、毎度のお約束ですが、Victoria8.1が同時発売されています。
いつも性器が欲しい人はProBundleを買わなくてはならないのですが、今回はG8Fのモノがそのまま使えるのでBundle買わなくてOK。
と思いきや、今回のBundleには男女の性器と産毛が付いてきます。
ん?女性に男性器??

G8Mのチ○コを既に持っている人は、そちらがアップデートされるのでV8.1のBundleを買わなくてもチ○コが付けられる様になります。
210123_03
G8.1F用の男性器が追加されていました。
G8Fにも装着出来ます。
G8.1Fに男性器って、かなり使う人限られてると思うんですが^^;
こういうのはロチカの仕事ですよぉ。

問題は産毛。
これが欲しい人は、現状ではUniversity BundleLoving Life Bundleを買うしか有りません。
相変わらずエグいバンドル商法ですね。
1/26 Victoria8.1単品購入者も後からDL出来る様になっている様ですが、DAZからの正式コメントが無いので単品購入でも必ず貰えるかは分かりません。

プロシージャル花道

210118_01

先月からHoudiniをいじっていますが、この程度のモデリングまで出来る様になりました。
初めはある程度ダイレクトモデリングが入ってしまっても仕方ないかなと思いながら作り始めましたが、とりあえず全てプロシージャルモデリグで出来ました。
花道の幅や高さ、お盆の直径や照明の数など後から自由に調整可能です。

いやぁHoudini面白いです^^
無償版だと外部レンダラーが使えないので、Indie2年版を契約してRedshiftも購入しました。
もっと早く始めておけば良かった。

Autodesk脱出計画

3ds Maxの永久ライセンスメンテナンスが20万ちょっと欠けるという見積もりが来ました。
永久ライセンスのメンテは今回が最後で、来年からはもう更新しないというAD社の殿様商売。
さらに最後の1年で大幅値上げという暴挙。
ちょっとウンザリしましたわ。
まぁ、わたしのようなホビーユーザーにはIndie版というとても安いプランを出して頂いているのですが、AD社のやることなんかもう信用出来ないからぁ!
ということで、わたしの3ds Max永久ライセンスの行き先は
 1.最後に20万弱で更新する。
  永久と言いつつも再アクティベーションの保証は4年しかしない。
 2.ちょっと優待価格のレンタルプランに乗り換える。
  初年度16万だけど2年ごとに5%の値上がり。
  永久ライセンスは放棄。
 3.もうこれ以上の投資はしないで使えなくなるまで現行バージョンを使う。
  浮いた20万弱はおねーさんに投資。
散々悩んだのですが、3番目の選択肢を選ぶことにしました。。。
Max大好きなのに、Autodesk大嫌いっ!
とりあえずIndieが続く限りはそちらを購入すると思いますが、いつまで続きますかね。
そろそろ本気で乗り換え先を探っていこうかなと。

いまHoudiniのフリー版を試しているのですが、これ面白いですねぇ。
他のDCCツールと一線を画しますね。
201208_01
面白いし、触っててワクワクします。
ただ、おねーさんレンダリングに向いているかと言うと・・・
HoudiniはIndie版が2年で$399だからおそらく買うと思います。
当分フリー版で十分だけど^^

Modoは数回挫折してるからもう忘れよう。
というか忘れたハズだ。
Blenderは多分わたしには違うと思う。
C4Dが一番現実的な乗り換え先のような気がしてます。

でもMaxが一番好きだぁ!!

MarvelousDesigner10

マーベラスデザイナー10がリリースされました。
とりあえず体験版を入れてみました。

201127_01

今回のバージョンからサブスクリプションのみの販売となりました。
永久ライセンス所有者はMD12までは従来通りのルールで永久ライセンスをアップグレード出来るらしい。
ということは、3年先までは最新版の永久ライセンスを使えるのか。
サブスクだと年間$280だからちょっとイヤだ。
MDの上位版のCLOは$450だけど、50%オフの時があるからMDでセール無いとそっちの方が安くなってしまう逆転現象が^^;
まぁ3年先では布シミュレーションの情勢も変わっていることでしょう。

で、MD10なんですが。。。
何ですか!このけしからんアバターはっ!
どこに向かっているんだろ^^

今回の目玉新機能は
しわブラシ
 シミュレーションすると効果が消えちゃうやつですね・・・
オートフィッティング
 体型の違うアバターに自動でフィットするように型紙を修正してくれる。
サブスタンス
 まぁ、MDでテクスチャ作りたい人いるのかな?
アバターサイズ
 アバターの体型が各部寸法で変えられる
UVエディター
 ムービー見る限りでは大した機能アップ無さそうな感じ?
こんな感じでしょうか。

CLOの新機能、外部から取り込んだアバターに自動でリグ付けてくれるやつと、全部自動で縫ってくれるやつは省かれたかぁ。
残念だぁ。
でも、オートフィッティングとアバターサイズは結構良いかも。
 

Rhino7

Rhinocerosがバージョンアップしてるみたい。
まだ新製品の紹介するページは出来ていないけど出荷は始まっているそうな。
ライノはここのところバージョンアップに5年以上費やしていたはずだけど、今回は3年も経たずにバージョンアップか。。。
寝耳に水でしたわ。
ライノ、ほとんど使っていないのだけれども次回また5年後にバージョンアップとなると長すぎるので、ここはバージョンアップしておきたい。
バージョンアップ価格見たら冷や汗が・・・
税別¥86,000-
ほとんど使っていないソフトにはちょっと出せない価格。
割引きをしてくれる代理店を探していたら、どうやら来年3月10日までは特別キャンペーン価格らしい。
特別キャンペーン税別¥57,000-
この値段もキツいところ有るけど、また数年バージョン上がらないので有ればバージョンアップしても良いかな。

で、目玉になる新機能はSubDらしい。
SubDって、サブディビジョンサーフェスだよなぁ。
これっていわゆるポリゴンモデリン機能が付いたって事?
ライノでポリゴンモデリングして誰得なんだろう。
どうやらライノのSubDはポリゴンを細分化してスムーズにするので無く、完全な曲面にするみたいだが、モデリング機能は貧弱過ぎる印象。
プロフィール

dejimu



ZBrush Core付ペンタブ

ZBrush Core初心者向け参考書

ZBrushのお供に



最新コメント

Renderosity_banner


DAZ
DAZ Studio 4 - Create 3D Art for Free
DAZ studioを無料配布中です。
たくさんのDAZ studio・Poser用の素材を販売しています。

Renderosuty
Renderosity_banner
DAZよりもエッチ度の高い素材を取り扱ってます。































楽天市場