三次元おねーさん 3DCG Girls

DAZ StudioやPoserを使ってCGおねーさんの絵を増産するブログ。 たまに3dsMax ZBrush Modoも使うかも。
ライノセラスを買っちゃいました。

Shirley Lee

G8FとG8.1Fキャラ同梱のShirley Lee
名前から察するところ中国人キャラでしょうが和キャラとしても使えるのではないでしょうか。
210309_01
マテリアルは従来のIrayUber用とG8.1世代のPBRSkin用の二通り入っています。
がっ!
G8.1F用のキャラでもUVセットはG8Fのものでした。
なんかものすごくガッカリなんですけど。。。
Victoria8.1は結局買わなかったので、良さげなG8.1Fキャラを待ち望んでいたんです。
ようやく来たかと思ったらなんとも中途半端なキャラでした。
8と8.1では頭部のテクスチャを別に用意するのが面倒くさかったのでしょう。
8と8.1両対応のキャラを買うときは注意が必要ですね。
とは言っても実際買ってみないと分かりづらい。。。

気を取り直して恒例の気になるアソコ事情ですが^^
眉毛はテクスチャに描き込み。
アソコ専用テクスチャ無し。
アソコはTorsoに描き込み。
毛は無し。

髪が付属します。
この髪は結構使えるのではないでしょうか。
半額で買えたので髪がメイン、キャラはオマケと考えることにします。


af210309_01

af210309_02

March Madness

af210228_01

March Madnessが始まりました。
ここ最近割引率の高いクーポンを連発してたのでもう買うものが無い。。。

Genesis 8.1 Female 登場

G8Fの新バージョン、G8.1Fが登場しました。
210123_01
G9ではなくG8.1。
多くのG8アイテムと互換が有るので、あぁまた服を買い直しかぁって事にはなりません。

G8.1F本体はG8Fと同じメッシュ構造なのでG8Fのアイテムをそのまま装着出来ます。
頭部と眼球のUVが変更されていますが、G8.1FはG8FのUVも持っているのでG8Fのテクスチャが使えます。
フェイスリグが変わっているので表情モーフ等のアイテムは完全互換では無いようです。
210123_02
フェイスリグは少し前に発売されたGenesis 3 & 8 Face Controlsというツールに似ています。
もしかして開発者同じ?
Genesis 3 & 8 Face Controlsはお世辞にも使いやすいツールとは言えませんでしたが、G8.1Fのフェイスリグは非常に使いやすくなっています。

元々別パーツだったマツゲと涙はメッシュ構造から改修が図られています。

で、毎度のお約束ですが、Victoria8.1が同時発売されています。
いつも性器が欲しい人はProBundleを買わなくてはならないのですが、今回はG8Fのモノがそのまま使えるのでBundle買わなくてOK。
と思いきや、今回のBundleには男女の性器と産毛が付いてきます。
ん?女性に男性器??

G8Mのチ○コを既に持っている人は、そちらがアップデートされるのでV8.1のBundleを買わなくてもチ○コが付けられる様になります。
210123_03
G8.1F用の男性器が追加されていました。
G8Fにも装着出来ます。
G8.1Fに男性器って、かなり使う人限られてると思うんですが^^;
こういうのはロチカの仕事ですよぉ。

問題は産毛。
これが欲しい人は、現状ではUniversity BundleLoving Life Bundleを買うしか有りません。
相変わらずエグいバンドル商法ですね。
1/26 Victoria8.1単品購入者も後からDL出来る様になっている様ですが、DAZからの正式コメントが無いので単品購入でも必ず貰えるかは分かりません。

プロシージャル花道

210118_01

先月からHoudiniをいじっていますが、この程度のモデリングまで出来る様になりました。
初めはある程度ダイレクトモデリングが入ってしまっても仕方ないかなと思いながら作り始めましたが、とりあえず全てプロシージャルモデリグで出来ました。
花道の幅や高さ、お盆の直径や照明の数など後から自由に調整可能です。

いやぁHoudini面白いです^^
無償版だと外部レンダラーが使えないので、Indie2年版を契約してRedshiftも購入しました。
もっと早く始めておけば良かった。

Autodesk脱出計画

3ds Maxの永久ライセンスメンテナンスが20万ちょっと欠けるという見積もりが来ました。
永久ライセンスのメンテは今回が最後で、来年からはもう更新しないというAD社の殿様商売。
さらに最後の1年で大幅値上げという暴挙。
ちょっとウンザリしましたわ。
まぁ、わたしのようなホビーユーザーにはIndie版というとても安いプランを出して頂いているのですが、AD社のやることなんかもう信用出来ないからぁ!
ということで、わたしの3ds Max永久ライセンスの行き先は
 1.最後に20万弱で更新する。
  永久と言いつつも再アクティベーションの保証は4年しかしない。
 2.ちょっと優待価格のレンタルプランに乗り換える。
  初年度16万だけど2年ごとに5%の値上がり。
  永久ライセンスは放棄。
 3.もうこれ以上の投資はしないで使えなくなるまで現行バージョンを使う。
  浮いた20万弱はおねーさんに投資。
散々悩んだのですが、3番目の選択肢を選ぶことにしました。。。
Max大好きなのに、Autodesk大嫌いっ!
とりあえずIndieが続く限りはそちらを購入すると思いますが、いつまで続きますかね。
そろそろ本気で乗り換え先を探っていこうかなと。

いまHoudiniのフリー版を試しているのですが、これ面白いですねぇ。
他のDCCツールと一線を画しますね。
201208_01
面白いし、触っててワクワクします。
ただ、おねーさんレンダリングに向いているかと言うと・・・
HoudiniはIndie版が2年で$399だからおそらく買うと思います。
当分フリー版で十分だけど^^

Modoは数回挫折してるからもう忘れよう。
というか忘れたハズだ。
Blenderは多分わたしには違うと思う。
C4Dが一番現実的な乗り換え先のような気がしてます。

でもMaxが一番好きだぁ!!

プロフィール

dejimu



ZBrush Core付ペンタブ

ZBrush Core初心者向け参考書

ZBrushのお供に



最新コメント

Renderosity_banner


DAZ
DAZ Studio 4 - Create 3D Art for Free
DAZ studioを無料配布中です。
たくさんのDAZ studio・Poser用の素材を販売しています。

Renderosuty
Renderosity_banner
DAZよりもエッチ度の高い素材を取り扱ってます。































楽天市場