三次元おねーさん 3DCG Girls

DAZ StudioやPoserを使ってCGおねーさんの絵を増産するブログ。 たまに3dsMax ZBrush Modoも使うかも。
ライノセラスを買っちゃいました。

HID Rio for Genesis 8.1 Female

220702_01

プロモーション画を見た瞬間欲しくなってしまったキャラ Rioさん。
発売早々から多くの人がレンダリングした画像を見かけるので、その人気の高さがうかがえます。
髪型によっては結構年齢が高めに見えるので、若めのキャラとして使いたい場合は使える髪型が限られてくるかもしれません。
体型は日本人体型で、モデルさんの様に足が長くはありません。
そのまま使う場合は、ちょっと年上のおねーさんから熟女辺りが使いやすそうです。

220702_02
左:デフォルトでも笑みを含んだ印象
右:ちょっとあざとい笑顔モーフが付いてきます^^

眉毛はテクスチャーに描き込まれていてファイバー眉毛は有りません。
眉なしテクスチャーも付属するので、他のキャラからファイバー眉毛を持ってきても良いでしょう。

アソコはBodyテクスチャーに描き込みで無毛。
純正アソコ用のテクスチャー付属です。


af220702_01

af180210_04 af210919_03



腰のアクセを探しています。

220701_01 
dforce- Frillkini - G8F 

この腰に巻いてる月のチェーンのアクセを探しています。
ご存じの方はどうかご教示願います。



Thickener Plug-In

前回セーラー服をレンダリグした祭に、死蔵してあったThickenerプラグインを使用してみました。
すぐに使い方を忘れるので覚え書きをと^^。

af220618_01L
Thickener Plug-In

前回のセーラー服はMarvelous Designer(MD)で作られているので、MDから厚みを指定して出力すれば良いだけなのですが、以前MDから厚みを付けて出力した際に、布に穴が空く等の不具合が見られたため、なるべくMDからは厚み無しで出力しています。
それと、セールのときに勢いで買ってしまってまったく使っていなかったので実験も兼ねています。

まず衣服に厚み付けをする際に悩ましい問題。
非多様体でもちゃんと動作するのか?
非多様体とは、3つ以上の面が1つのエッジを共有している状態です。
言葉で説明するのは難しいので、まずMDで非多様体を作ってみます。
220618_tk01
白い布の真ん中のエッジに黄色い布を縫い合わせます。
220618_tk02
白い布の真ん中のエッジには、白い布上部・白い布下部・黄色い布が接続しています。
これをobjで書き出すと非多様体になります。
衣服の場合、ポケットを付けたりする場合に多用するので大変悩ましい状態です。
MayaやMaxは非多様体の存在を許してくれません。。。

220618_tk03
MDから出力した布に厚みを付けていきます。
Thickener Plug-Inの操作パネルは、Window - Panes(Tabs)から呼び出します。
Thickener Plug-InはStatic(静止)とDynamic(アニメーション)の両方に対応しています。
今回は静止画用にStaticを選びます。
厚みを付けたいオブジェクトを選択して、厚みや厚み部のエッジの本数を指定してCreateボタンを押します。
今回は分かりやすいように厚みを2cmにしました。

220618_tk04
あぁぁ、やはり縫い目のところが上手くいってませんね。

220618_tk05
ワイヤーフレームで見るとこんな感じに。
まぁ、なんとなく想像通りですが^^;
衣服の厚みだったらこのままでも大丈夫な気はしますが、もっとキレイにいく回避策が有ります。

220618_tk06
Thickener Plug-Inはサーフェス毎やポリゴン毎に厚み付けする範囲を指定出来るので、黄色いサーフェスに厚み付けをしてから白いサーフェスに厚みを付けることが出来ます。
そうすることで縫い目がグチャっとなるのを防げます。
まず黄色い部分に厚みを付けます。
黄色のサーフェスを選択して、Facets to thickenでFrom select surfacesを選択してCreate。

220618_tk07
新しく、<オブジェクト名>-thickというオブジェクトが作成され、黄色い部分のみに厚み付けがされています。
元のオブジェクトは非表示にしておきます。

厚み部分には自動的にBorder-thサーフェスが割り当てられます。
Border-thサーフェスは固定なので、次に白い部分に厚み付けをしても同じくBorder-thサーフェスにされてしまいます。
それでは困るので、今のうちにサーフェス名を変えておきます。
Geometry Editorを使って、Border-th-Yellowという名前に変えました。
次に白い布部分を選択してCreate。

220618_tk08
白い部分にも厚みが付きました。
これで、最初にオブジェクト全体に厚み付けをしたものよりキレイに仕上がりました。

今回は静止画用でしたので、Thickener Plug-Inを使うより外部で厚みを付けてからD|Sに読み込んだ方が融通は利きますが、動画を作る場合は重宝しそうですね。
ただ、厚みの部分を全部Border-thというサーフェスにするのはやめて欲しいなぁ。
せめて元となったサーフェス名を頭に付けてくれるオプションとか欲しいですね。

きまぐレンダ 220617

220617_01

久しぶりにMarvelous Designerをいじりました。

Wou

220616_01

D|Sはキャラを増やす度に読み込み時間が伸びるので、あまりキャラを買いたくないのですが、ついつい買っちゃいますね^^;
ちょっと吊り目がちなWouさんを買っちゃいました。
このキャラ、初めて読み込んだときは、手足なげぇ10等身くらい有るのでは!?って思ったのですが

220616_02

実際に測ってみたら身長179cmで8.2等身くらいでした。
眉毛はファイバー眉毛。
アソコは無毛、専用テクスチャ無し、Bodyテクスチャへの描き込みも有りませんでした。


af220616_01


af220616_02  af220616_03

プロフィール

dejimu

ぱんつのお姫様







ZBrush Core初心者向け参考書

ZBrushのお供に



最新コメント

Renderosity_banner


DAZ
DAZ Studio 4 - Create 3D Art for Free
DAZ studioを無料配布中です。
たくさんのDAZ studio・Poser用の素材を販売しています。

Renderosuty
Renderosity_banner
DAZよりもエッチ度の高い素材を取り扱ってます。





























楽天市場